おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

音楽、バンドに関する様々なアレコレを書いています

ブサイクって損

出来るなら容姿は整っている方が良い。

 

多くの人がそう感じているのではないかと思う。どちらかと言えば「ブス、ブサイクは損」で「イケメンや美女は得」だと考えている人が大多数を占めるのが世論ではないだろうか。

 

私自身の容姿はどうか?と言われると私は自他共に認める「ブサイク」側である。どの程度ブサイクかと言われると言葉で表現するのは非常に難しい。

 

以前に友人が「私がどの程度ブサイクか?」を表す尺度として佐藤健を持ち出した事がある。友人は「佐藤健とあなたは同じ人類で同じ男性だけど、共通点は二本足で歩いている事くらいしかない」と言い切った。それは言い過ぎだと素直に思った。

 

腕が二本生えてる所だってソックリだ!と反論したかったけど流石にやめた。それを言い出したら佐藤健と私の共通点は「腕が二本生えてて二本足で歩く事だけ」と自分で認めてしまうようなものだ。きっと多分、もうちょっとくらいある筈だ。目が2つで鼻と口が1つずつ付いてる所なんて瓜二つじゃないか。

 

さてさて。それにしてもブサイクって言う程「損」なのだろうか?私個人としては自身の容姿のせいで損をしてるかと言われると、いまいちピンと来ない。ブサイクながらに愛敬のある顔をしてるとも思う。モテはしないけど。まあ愛敬はある。うん。モテないけど。

 

なんて思っていたのだけれどつい先日、実は「これまでずっとブサイクで損をしていた」事がたまたま発覚したので今日はその話をしていこうかなと思う。それは飲み屋で友人と飲んでいた時の事だった。

 

彼はとても真剣な仕事の悩みを抱えていて、私はその相談に乗っていた。私は聞き役に徹し、彼の話を芋焼酎を傾けながら静かに聞いていた。

 

こう言う真面目な話をする時、私はブサイクながらに真剣な表情をする。

 

そして、自分の真剣な表情って実はそこそこカッコいいんじゃないかと密かに思っている。

 

人には言わないけど、私の真剣な顔って実はそこそこ渋いんじゃないかと思っていたりするのだ。

 

ひとしきり彼の話が終わった後に私は少しだけ自身の見解を話し、真剣な顔でアドバイスをした。この時、自分で言うのも何だけど物凄く良いアドバイスをした。物凄く真剣な顔で、物凄く良いアドバイスをしたのだ。

 

このシチュエーションはかなりイケているのではないだろうかと思った。もし今この瞬間をカメラに収められてしまっていたら、私の顔の最大瞬間イケメン風速はもう少しで佐藤健に届くのではないかと。そう思ってしまう位の渾身の真剣な顔。「真剣」と書いて「マジ」と読む。そんな真剣な顔だ。

 

キマった....。

 

心の中で思った。

 

彼は私のアドバイスに感銘を受けたように相槌を打ち「凄くいいづらいんだけど...」と続ける。

 

 

 

 

 

 

 

彼「人が真剣な話をしている時に変な顔するのはやめてもらえる?」

 

絶望した。

 

変な顔をしているつもりは微塵もなかった。むしろ、私的には佐藤健ばりのイケメンフェイスを表情と雰囲気で表現していたつもりでいた。ヒトガ シンケンナハナシヲシテイルトキニ ヘンナカオ スルノヤメテモラエル?もう私には言葉として理解が出来ない範疇のセリフだった。変な顔なんてしていない。

 

つまり彼の意見を全面から受け入れた場合、私の「真剣な顔 = 変な顔」であると言う事になる。百歩譲ってそれはもう良い。もうそれは仕方のないことなのだから、それはもう良いんだ。しかし、そうするとこれまでの私の人生とは一体何だったのだろう?

 

実はこの私なりの真剣な顔はこれまでありとあらゆるシチュエーションで多用してきた。意中の女性に告白する時や就職活動の面接、最近では仕事の打ち合わせでも使うが今まで一度も指摘されたことはなかった。なかったが...なかっただけで「こいつめちゃくちゃ良い事言ってるけど何で変な顔をしているんだろう?」と思われていたという事になる。

 

日常的にコンビニのレジの店員さんが美人だった時なんかも使う。渋い声でタバコを注文しながら、真剣な顔でお釣りを受け取る。ダンディズムなオジ様だなって思われたい一心だった。しかし実際は変な顔してタバコ買っていくだけのオジさんだったのだ。つらい。もうあのコンビニいけない。一番近所なのに。

 

話を元に戻すと、やっぱりブサイクは損なのだと思った。1日くらい佐藤健の顔で過ごしてみたい。出会ったばかりの女の子に告白されて「俺の顔だけが好きなんだろ?」とか言ってみたい。30年間も生きてきて一度たりとも言った事がない。「俺の顔だけが好きなんだろ?」なんてセリフは一体どれだけ自分の容姿に自信があったら言えるだろう。少なくとも、佐藤健との共通点が腕が二本生えてて二本足で歩くこと位しかない私には縁がなさそうな話だった。目が2つで鼻と口が1つずつ付いてる所は瓜二つなんだけどなぁ。

 

宣伝コーナー


バンド「THE オミコシーズ」が新曲「昼からBeer」をリリースしました。

 

カントリー調の軽快な音楽に乗せてひたすら昼からビールが飲みたいって気持ちを歌に乗せています。サビのウォーキングベースかっこいいね。バンジョーとかもはいってるし、カントリーしてるよ。そしてヤジがうるさい。

 

↓↓こちらから!↓↓

昼からBeer / THEオミコシーズ - YouTube

 

オミコシーズ(omikoshi_s)のEggsページ|インディーズバンド音楽配信サイトEggs

 

あービール飲みたい!