おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

音楽、バンドに関する様々なアレコレを書いています

ドラゴンクエストの主人公が強盗にしか見えない

最近今更ながらドラゴンクエスト6にハマっている。昨今はスマートフォンのアプリで過去の作品を手軽に楽しめる様になっているので、暇を見つけてはついついプレイしてしまう。

 

ドラゴンクエストシリーズはゲーム史に残る名作のロールプレイングゲームだ。やった事がない人はいても、知らない人はいないだろう。ゲームシステムの完成度もさることながら、壮大なスケールで展開する感動的なストーリーが一番の魅力ではないかと私は思う。

 

そんな世界中のゲーマーを魅了してやまないドラゴンクエストシリーズではあるが、常々このゲームに対して言っておきたい事が1つだけある。

 

主人公一派が他人の家に勝手に入り込んではタンスを漁りツボを壊す。挙げ句の果てには宝箱を勝手に開けて中身を持っていく。これはもはや勇者と言うより盗賊や強盗の類に近いのではないかと言う事だ。

 

f:id:mnemomasa64:20180705000210j:image

 

プレイした事がない方にむけて一応補足しておくと、ドラゴンクエストは勇者である主人公が魔王を倒す冒険の旅に出るロールプレイングゲームだ。冒険の道中に民家に入りタンスやツボからアイテムを取得する事がストーリー上で必ず必要になる。

 

このタンスやツボ、宝箱から勝手に物を取っていく行為を我々の生きている現代では専門用語で「窃盗」と呼ぶ。いや、勝手に他人の部屋に入るから強盗と呼ぶのが適切かもしれない。いずれにせよ犯罪だ。

 

ドラゴンクエストの主人公には魔王を倒さねば!と言う使命感こそあるものの強盗や不法侵入、器物破損等々の犯罪行為に対する倫理観やモラル、罪悪感と言った概念は存在しない。タンスに入っている物は俺の物。ツボに入っている物も俺の物。宝箱に入っている物も俺の前。究極のジャイアニズムだ。

 

これがどれほど恐ろしい行為かはあなた自身の身に置き換えてみるとわかりやすくなる。

 

ある日、あなたが部屋でくつろいでいると何の前触れもなく突然剣や鎧で武装した男が勝手に部屋に入ってくる。思いもよらないあまりに唐突な出来事にあなたは驚く。不法侵入である事は明らかだ。

 

扉に鍵をかけていても関係ない。ドラクエの世界では「さいごの鍵」と呼ばれるアイテムを持っていれば全ての扉や宝箱を開ける事ができる。勇者だけに与えられた至上のピッキングツールだ。

 

部屋に入ってきた男は何も言わず勝手にタンスを開けて中身を物色し始める。あろう事か中に入っていた貨幣や服を袋に詰め込み始めた。

 

この様な出来事が自分の身におきたと考えてみて欲しい。突然剣や鎧で武装した男が部屋に入ってきて何も言わずにタンスを漁り中身を持って行く。誰がコイツを勇者だと思う?誰がどう見てもコイツは強盗だ。

 

呆気にとられているあなたを気にも留めず、男はタンスの次は置いてあるツボを壊し始める。ツボを手にとっては地面に叩きつけて割り、中身を拾っていく。

 

床が傷付くとか、破片が散らばるとか、そう言った事に対する配慮なんてものを男からは全く感じる事が出来ない。さも当たり前の行為であるが如く、息をする様にツボを叩き割り、中身を袋に詰めていく。

 

そもそも中身が目的であるのに何故ツボを破壊する必要がある?中を覗き込めば良いだけではないか?景気良く叩き割っているが、そのツボだってもしかしたら骨董品的に価値のある物だったりするかもしれないのに、何でこうまで躊躇なくツボを叩き割ることができる?しかも他人の部屋で。

 

クレイジーだ。我々が兼ね備える常識からは逸脱し過ぎていて、もはや何処から怒ったら良いのかすらわからなくなってくる。

 

そしてひとしきり部屋を荒らし終えた男は部屋を出る前にあなたに話しかけてきた。

 

男は言う。

 

「私は勇者だ。

 

この世界を混沌と狂気に陥れている魔王を倒すべく旅をしている。

 

その道中にこの町にたどり着いた。水の綺麗な良い町だ。人々の活気もある。こんな世の中なのに...強い人達だ。

 

 

あなたに1つ尋ねたいのだが

 

 

 

 

最近この辺りで不審な出来事起きたり、困ったりしている事はないか?

 

 

 

 

些細な事でも構わない。

 

 

 

この世界に平和を取り戻す為に私は冒険をしている。

 

 

 

困っている人がいれば勇者としては見過ごせないんだ。何でも言ってくれて構わない。」

 

 

 

 

そう問いかけてくる男の真っ直ぐな目を見てあなたは思う。

 

 

 

 

今だと。

 

 

 

 

困っているのは今だと。

 

 

 

 

突然部屋に武装した男が入ってきてタンスの中身を物色し、ツボを叩き割り、貨幣や服や雑貨を根こそぎ持って行こうとしている。

 

 

あまつさえ男は自分を勇者だと名乗り、何の悪びれもせずに不審な出来事が起きてないか。困っている事はないか。と問いかけてくる。

 

 

 

むしろ聞きたい。

 

今以上に不審な出来事なんてあると思っているのだろうか?

 

 

 

突然部屋に武装した男が入ってきてタンスの中身を物色し、ツボを叩き割り、価値あるものを根こそぎ持っていこうとする。それでも男は自分は勇者だから困っている人がいれば助けになりたいと言ってくる。これ以上に不審な出来事がこの世にあるだろうか?

 

あるなら教えてほしい。私なら死を覚悟する程の出来事だ。一生物のトラウマだ。今まさに勇者によってあなたの平和は脅かされている。何の変哲もなかった平和な日常は混沌と狂気に陥れられた。まだ魔物に襲われた方がマシだとすら思えてくる。

 

結びになるがドラゴンクエストの世界では基本的に一度物色したタンスやツボからはもうアイテムは出てこない。

 

これはきっとゲームシステム上の都合なんかではなく、自称勇者によって部屋を荒らしに荒らされた住人達のせめてもの抵抗。再び勇者が現れて部屋を物色してきた際に「もうここには何もないからこないでくれ」と無言の抗議をしている様な気がしてならない。今日はそんなお話でした。