おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

音楽、バンドに関する様々なアレコレを書いています

スーファミのゲームって今やっても面白い。

ここ1ヶ月程、私はなるべく毎日ブログを書く様に心がけてきた。多少遅れても2日以上はあけないように、せっかく読んでくれている人がいるのだからと更新を頑張ってきていたのだが、遂に更新しないまま3日が経ってしまった...。

 

これには深い深い訳がある。と言うのも私はここ3日間ほど、ちょっと魔王を倒す旅に出てしまっていた。この僅かな間に私は子供から大人へと成長し、天空の剣と盾を手に入れ、カジノで破産し、結婚して子供が生まれて、今ちょうど奥さんが魔物に誘拐された所で一区切りつけて記事をしたためている。


そう、スマートフォンアプリ版の「ドラゴンクエスト5天空の花嫁~」にドハマりしてしまったのだ。

 

f:id:mnemomasa64:20180531211800j:image

 

つい先日、ドラゴンクエストシリーズが32周年を迎えた。何だか懐かしくなって、軽い気持ちでインストールしたのが間違いの始まりだった。面白過ぎる。全然やめるタイミングがない。

 

懐かしさから来る思い出補正もあるだろうが、
こんなに面白いゲームだっただろうかと驚かされる。話をわかっていてもパパス(主人公の父親)が亡くなるシーンで号泣してしまった。圧倒的号泣、深夜3時に。三十路の男が枕を抱いて泣いた。パパスー!!

 

ぬわーーーっっ!!

 

こうして懐かしいゲームをやっていると、自分が子供だった頃に戻ったような感覚に襲われる。特にスーパーファミコンのゲームには思い入れが強い。ドラクエボンバーマンドンキーコングカービィ等々の様々な名作を私もプレイしていた。

 

スーパーファミコンは今では考えられない位にデリケートなゲーム機だった。まず古いソフトが全然起動しなくなる事がある。何度もカセットをさしては抜いてを繰り返し、人工呼吸さながらに接合部に息を吹きかけたりする。ソフトの救護活動だ。荒技だが接合部にツバを吐きかける奴までいた。乱暴に叩いてみた事もあった。結構これで復活したりもするのだが、稀にトドメをさすこともある。

 

RPG系ゲームのセーブデータは些細な出来事で消え去る。特にドラゴンクエストシリーズのセーブデータは脆かった。油断するとすぐに消える。何十時間もプレイしたデータが、母親が掃除機をぶつけた衝撃で吹き飛んでしまった時は思わず絶叫した。パパスーーー!!

 

ぬわーーーっっ!!

 

お陰で私はドラクエ5を何度もやり直し、通算でパパスを10回殺してビアンカと10回結婚した。そしてブオーンに10回全滅させられた。何度やっても初見で勝てない。幼少期最大のトラウマだ。ちなみにこの記事を書きながら平行してストーリーを進めてたら、またもブオーンに瞬殺された。ぬわーーーーっっ!!

 

f:id:mnemomasa64:20180531203252p:image

ラスボスより壮大な登場をするブオーンさん。超怖い。

 

まあ何で今更こんなに夢中になってるかと言うと、実はスーファミ版のドラクエ5を全クリ出来ていないからだ。

 

先ほど言った通り、ドラクエのデータは非常に脆い。掃除機にぶつかりデータが消える。ソフトを差し替えただけでもデータが消える。しばらくやらないだけでもデータが消える。挙げ句の果てに、強敵ブオーンを倒した喜びで立ち上がった瞬間にデータが消えた。この辺りで私のメンタルが限界を迎えて、星のカービィスーパーデラックスに逃避した。すまん!パパスッ!

 

そんな訳で20年越しにリメイク版をやって、データが消える心配もないので伸び伸びプレイできている。ちなみに今回も勿論ビアンカさんと結婚した。リメイク版だと冒険しながらお喋り出来るようになってるのでメチャクチャ楽しい。やっぱり姉さん女房ですなぁ。