おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

音楽、バンドに関する様々なアレコレを書いています

部屋からスカイツリーと東京タワーが一望できる。

今週のお題「お部屋自慢」

 

私の部屋なんて大して広くもないし自慢できる様な所もあまりない。強いて1つ挙げるとすれば、部屋のデッキからスカイツリーと東京タワーを一望できる事くらいだろうか。

 

3年くらい前に買ったこのタワーマンションの一室は、あまり広くはないけれど眺めだけは最高だ。風呂上がりにはデッキに出て、夜景を見ながら煙草を吸う事が私の習慣になっている。

 

煙草を吸っているとちょうど同棲している彼女が部屋に帰ってきた。一本飲む?と言って彼女はロマネコンティのボトルをテーブルにおああああうわぁぁぁぁぁ

 

なんだ!なんの話だこれは!タワマンとかロマネコンティとか彼女とか!!ドラマの見過ぎか!我が家のベランダからは向かいの民家しか一望できないし、お酒もイモ焼酎しか置いてません。イモ焼酎ならいっぱいあります。イモ焼酎、最高!

 

ないんだよおおおお。うちには自慢できる所なんてないんだよおおおお。普通の1Kの賃貸なんだよおおおお。駅から徒歩15分も歩くやっすい部屋なんだよおおおお。

 

もう再三言ってるが、はてなブログ今週のお題は基本的に中高年に優しくない。思うに人のキラキラした側面にフォーカスを当て過ぎなのだ。もっとフラットに老若男女問わず書きやすいお題にすべきではないだろうか?と、恒例のはてなブログのお題に対する難癖をつけてみる。次回のお題はぜひ「お好きなイモ焼酎」ってテーマでお願いします。

 

さてさて、お部屋の話に戻す。こう言うお題の時に私が思うのは「あぁ、もしも自分が美少女だったらなぁ」という事だ。

 

もしも私が橋本環奈さんばりの美少女だった場合、例え部屋が質素でも可愛い自撮り写真と一緒に公開すれば閲覧数はそれだけで伸びるはずだ。その際、部屋の写真と一緒にクマのぬいぐるみとツーショットなんて撮るのも良いのではないだろうか。「同居人のクマ吉です★」なんて。可愛いのバーゲンセールだ。

 

これならば部屋が質素である事はハンディキャップにならない。クマ吉くんが羨ましい!なんてコメントもつくはずだ。美少女とはそれほどまでに周りにもキラキラの成分をばら撒く存在なのだ。特に何もしなくても華があるのは、優れた容姿を持つ者の特権と言える。

 

これは暗に「可愛いって得で良いですね」と嫌味を言っている訳ではない。容姿が優れている人は優れているから故の悩みもある事だろう。ただ人目に触れる様なコンテンツを発信する者にとって、容姿が優れている事は1つの武器となる。そう言う要素を持っている事が純粋に羨ましいと言う話だ。

 

ではその可愛さがどの程度のアドバンテージとなっているのか。アラサー独身オッさんの私と比較して検証してみよう。

 

例えば私が部屋を背景に自撮り写真を公開しても全く需要はない。ましてやクマのぬいぐるみと一緒に「同居人のクマ吉です★」なんて写真を上げようものなら、これはもう本当に狂気の沙汰だと言わざるを得ない。阿鼻叫喚の地獄絵図とはこの事か。と、違った意味で注目を集めてしまう。読者は意図せずに地獄の釜の蓋を開けてしまう事になるのだ。

 

こうなればそもそも部屋の事などは話題にものぼらない。クマ吉くんに同情するコメントが多数寄せられ、ぬいぐるみ愛護団体からも厳重注意を受ける羽目になる。不適切なコンテンツとしてブログ自体抹消されてしまうかもしれない。世間って世知辛い。オッサンって生きづらい。あぁ、美少女になりたい。

 

冒頭で申し上げた通り、私の部屋は特に人に自慢できるような所はない。タワーマンションでもなければデッキもないし、夜景なんて全く見えない。あるのはイモ焼酎と隣の民家が一望できるベランダだけだ。

 

でも多くの時間を過ごす自室に、他人の目を意識した特別さなんていらないのだと私は思う。人に自慢なんか出来なくたって、私の部屋は私にとって最高の居住空間でいてくれる。強いて言うならそれが自慢だ。イモ焼酎もいっぱいあるし。