おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

音楽、バンドに関する様々なアレコレを書いています

酔っ払ってゴロゴロ寝ながらテレビを見れるので、もしかしたらスーパータスカーかも知れない

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

 

この前たまたまニュースで読んだのだけれど、複数の物事を同時に処理できる人を「スーパータスカー」と呼ぶらしい。実験の結果によるとなんと人口のわずか2%しか持っていない特殊な能力で、普通の人より脳が発達しているとの事だ。


このニュースを読んだ時に私はすぐにピンときた。私ももしかしたらこの人口わずか2%の、選ばれしスーパータスカーかもしれない。思い当たる節がある。私は部屋でゴロゴロしながらビールを飲んでテレビを見る事ができる。3つの事を同時にこなせる稀有な存在なのだ。


スーパータスカーではない98%の凡庸な人々にはもしかしたらこう言った行為は難しいのかもしれない。複数の物事を同時に進めると、普通は何かしらが疎かになってしまう様だ。


そこに来て私はどうだろう。「部屋でゴロゴロする」「ビールを飲む」「テレビを見る」と言った複数の行動を、当たり前の様に自然にこなせてしまっている。テレビを見ているからと言ってビールを飲む事が疎かになったりしない。ゴロゴロしながらビールもグビグビ飲める。


私はこの天から与えられた才能を更に伸ばす為に訓練をしてみる事にした。自然体で既に3つの事を同時にこなせてしまう私だ。訓練次第では更なる高みに上り詰める事も不可能ではないかもしれない。人類のネクストステージに進む試みだ。


手始めにポテチを食べる事から始めてみた。
ゴロゴロしながらポテチを食べてビールを飲んでテレビを見る。いける。まだ容易い。自分の才能が恐ろしい。


更にタバコも一緒に吸ってみる。
部屋でゴロゴロしてタバコを吸いながらポテチを食い、ビールを飲んでテレビを見る。

 

まだ余力がある。既に5つの事を同時にこなしているが、私のキャパシティの底は見えない。


ならばとスマフォをいじって見る。
部屋でゴロゴロしてタバコを吸いながらポテチを食い、ビールを飲んでテレビを見ながらスマフォを弄る。

 

果たしてこれが凡人に真似できようか。ポテチをボリボリ食べながら、私は更に鼻歌まで歌ってみせる。脳裏にスーパータスカーの研究者達のどよめく声が聞こえてくる。この男、底が知れない。と。

 

側からは私がただダラダラ寝転がっている様に見えるかもしれない。しかしこれはスーパータスカーではない98%の一般人の見解だ。私は今まさに同時に6つの事をこなしている。この常軌を逸した行為を、理解するのは難しい事なのかもしれない。


こんな話がある。
プロのボクサーがシャドーボクシングをすると素人はただ純粋に「スゴイ」と思う事しかできない。ボクサーが一体どの様な技を用い、どう言った思考でシャドーボクシングをしているかを、側から見ているだけでは感じとる事が出来ないのだ。これが素人とプロを隔てる超えられない壁とも言える。


私もただ単に寝転がってダラダラしながらテレビを見ている訳ではない。ポテチの屑が溢れない様に、タバコの灰が落ちない様に、テレビを見落とさない様に、極限まで集中力を高めている。言うなれば、一種のゾーンに足を踏み入れている状態だ。この状態を維持する為に、私がどれほどの神経をすり減らしているのか、側から見ているだけでは理解が及ばない事だろう。


しかし、才能とは得てしてそう言う物なのかも知れない。人は自身の見識の及ばない現象を超常としたがる。まあ、私にとってこれらは単なる日常の1ページに過ぎない。その気になればこのままオナラをしたり、欠伸をしたりする事も容易い。ここまで出来る私は既にスーパータスカーを超え、人類の0.001%の領域に達してしまったと言っても過言はないのかもしれない。


そんな事を考えながら過ごしている2018年のGW。お陰様で体重の増加が止まる事を知らない。いかにスーパータスカーの私と言えど、部屋でゴロゴロしながらダイエットをする事はまだ出来ない様だ。痩せるのってそれほど難しい。人生って色々ままならない。