おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

音楽、バンドに関する様々なアレコレを書いています

SHISHAMOってブスじゃないんだ本当は

僕がSHISHAMOを知ったのはもう三年前位の話になるだろうか?

 

居酒屋で友達と飲んでいた時にふいに仲間内の1人が「最近知ったんだけどさ、シシャモってブス可愛いよね?」と言い始めたのが発端だった。

 

 f:id:mnemomasa64:20171030213004j:image

 

もちろんガールズバンドのSHISHAMOをさした言葉だったのだが、流行に疎い僕はわからなくてベタなんだけど魚のシシャモの方が先に頭に浮かんでしまったんだよね。

 

f:id:mnemomasa64:20171030100839j:image

 

シシャモがブス、、、可愛い??

一体こいつら何の話をしているんだろう?

可愛いとか可愛くないの話じゃなくないか??

美味しい美味しくないの話じゃないのか?

 

友達1「わかる!!鼻とかちょっと特徴的だよねー」

 

は、、、な、、、

 

f:id:mnemomasa64:20171030124420j:image

 

どうしよう考えた事もなかった

僕の感性が変なだけで世間一般的にシシャモって鼻が特徴的でブサ可愛い魚って位置付けだったのだろうか、、、

今まで一度もシシャモをそういう目で見れてなかった僕が変なのか?

 

友達2「声可愛いよねー」

 

皆「わかるー!」

 

僕「・・・・・(゚o゚;;」

 

わからない

 

f:id:mnemomasa64:20171030124420j:image

 

シシャモって鳴くのか??

聞いた事ない、、、魚だぞ??

皆がそんなにシシャモの生態に詳しいなんて知らなかった、、、僕も勉強しなくちゃな

 

僕「食べる??シシャモ。子持ちのやつあるよ?」

 

皆「え?」

 

俺「え?」

 

なんてやりとりはきっとSHISHAMOが流行った時期に日本各地でおきてたんじゃないだろうか。

 

そしてその後も勢いはとまらずにメキメキと頭角を表すブスカワガールズバンド SHISHAMO

今やガールズバンド界を牽引するまでの力をつけはじめていると言っても過言ではない。

 

でも何でこんなにも凄い勢いで売れたのだろうか?ガールズバンドなんだから可愛い方が良いのではないだろうか?

 

そう思ってたんだけど、これって実は運や偶然ではなくて緻密に計算された売り出し方をしていたのだと最近気がついた。

 

SHISHAMOはブスだから売れた!と言っても過言じゃないと思う(=゚ω゚)ノ今日はそんな考えを記事にしてみたよ

 

ぶっちゃけSHISHAMOってブスじゃない

 ネットで調べてみるとSHISHAMOの事をやれ「ブスの極み乙女」だとか「SHISHAMOの可愛い人めっちゃブスですね!」だとか半ば批判と思われる意見がたくさん出てくる。

 

ついにはGoogleで「SHISHAMO ぶ」って検索すると予測に「SHISHAMO ブス」の変換が「SHISHAMO 武道館」や「SHISHAMO 物販」より上にくる始末だ。

 

でもよく見て欲しい。

SHISHAMOって別に全然ブスじゃない。

冷静に見ても普通の容姿をしている。

ファッションもお洒落だし、むしろ可愛いと思える水準であると思う。

 

f:id:mnemomasa64:20171030234211j:image

 

これでブスを名乗るのは本当のブスに対して失礼だ。

仮に僕が女性に生まれていたら彼女達よりもっともっとブスに生まれていた自信もある。

  

SHISHAMOの容姿に対して「ライブの時は可愛く見える」と言う評価をよく耳にする。

でもこれ、実は逆なのではないかと思うのだ。

 

どう言う事かと言うとライブで可愛く見えるようにワザとジャケ写をブスに撮っているのではないかと言う事である。

 

メジャー2枚目のアルバムのジャケ写を見て欲しい。

 

f:id:mnemomasa64:20171030234636j:image

 

どうだろう。

先に載せている写真と見比べるとジャケ写の方がブスに写っていると思わないか?

 

照明や撮影技法にこだわれば絶対にもっと可愛いジャケ写にできる筈なのだ。ましてや容姿に自信がないのならばもっと離れて全体を写すようにしても良いと思う。

 

現にデビューアルバムのジャケ写は全くブス感を感じさせない正統派ガールズバンドの趣きがある写真になっている。

 

f:id:mnemomasa64:20171101212226j:image

 

それなのに2枚目のアルバムからはあえて近距離から撮影し、作為的にちょっとブスに映るようにしているのだ。存分に彼女達の容姿を堪能できるようになっている。

 

この後にYouTubeでPVやライブ動画を見て欲しい。明らかにみんなジャケ写より可愛いのだ。

 

○ライブダイジェスト映像

SHISHAMO「SHISHAMO NO OSAKA-JOHALL!!!」ダイジェスト - YouTube

 

○「BYE BYE」PV

SHISHAMO「BYE BYE」 - YouTube

 

ジャケ写でブスのイメージを植え付けておいて、ライブやPVでは可愛さを演出する事によりギャップを生んでいる。

 

SHISHAMOはシンプルで聞きやすい曲が多いので、裏を返せば何度も聞き込んで貰うためには何かしらアクとなる要素が必要とも言える。そのアクとなるのがこのギャップなのだ。

ブスだブスだと思っていたのに段々可愛く見えてきた、、、何て感じた人は見事にこの策略にはまっている。

 

最近はついにPVに可愛い女の子を一杯だして相対的にSHISHAMOがちょっとブスに見えるようにしているものもある。どこまでも事務所側はブス推しなのだ。

 

○魔法のように PV

 SHISHAMO「魔法のように」 - YouTube

 

ここまでブス推しなのには他にも狙いがある。

他のバンドとの差別化もその1つだ。

昨今は可愛いメンバーで構成されたガールズバンドが溢れている。いくつか例をあげてみよう。

 

サイレントサイレン

 

f:id:mnemomasa64:20171030235409j:image

 

the peggies

 

f:id:mnemomasa64:20171030235448j:image

 

赤い公園

 

f:id:mnemomasa64:20171101214017j:image

 

リトグリ

 

f:id:mnemomasa64:20171030235508j:image

 

SCANDAL

 

f:id:mnemomasa64:20171030235524j:image

 

からのSHISHAMO

 

f:id:mnemomasa64:20171030235540j:image

 

アメージング、、、

 

ワザとブスさを演出する事により差別化に成功していると言える。

 

ぶっちゃけ可愛いガールズバンドはもはや飽和状態なのだ。

ターゲットにしているファン層も自然と重なり、新規参入してもより魅力のあるバンドでないとファンをつかむ事が難しい。

 

しかしSHISHAMOはどうだろう?

すでに満員である可愛いガールズバンドの土俵ではなく、自ら発掘したブサカワガールズバンドの土俵を独占する事に見事に成功している。

名誉なのか不名誉なのかはわからないが、これはとても凄い事だ。

 

他とは一線を画した珍しいバンドを放っておくほど、日本のリスナーは鈍感ではない。

ましてやSHISHAMOはメジャーデビュー前からオーデションで優秀賞をとったり、タワレコで限定販売したCDがオリコンインデューズランキング上位にも入っていた実力派バンドだ。

 

口コミでの広がりも強かった。

彼女達の存在を知った人は友人に「最近SHISHAMOってブスなガールズバンドいるよねw」と言うのである。

これこそが狙いだ。

 

売れてるガールズバンド = 可愛い と言う方程式が自然と頭にあるので、ブスと言うフレーズに引っかかりを感じるのである。

逆説的な言葉を使って関心を引く手法は企業のキャッチコピーでも多く使われる手法だ。

例を出すならば青汁の「マズい!もう一杯!」はあえて「美味しい」ではなく「マズい」を使う事で顧客の興味をひいている。

どれだけマズいのかと1度は飲んでみたくなるだろう。

 

同じ事をSHISHAMOでも置き換えられる。

どれだけブスなのか興味が湧いてYouTubeで動画を見た人も多いと思う。

ここまで来ればもうプロデュース側の思う壺である。

 

まずは存在を認知して貰わなければ聞いても貰えずに消えていくバンドは沢山いる。

ブスなガールズバンドのフレーズでネズミ算式に口コミは広がり、YouTubeの再生数も爆発的に伸びる。世間の認知度もウナギのぼりだ。

そしてライブやPVで見ると思っていたより可愛い。これはクセになるのもうなづける。青汁が飲んでみたら思っていたより美味しくて、アレ?結構いけるじゃん!と思った時と同じ様な気持ちになるのだ。

 

また、彼女達の容姿のイメージは楽曲にも良い方向に働いている。

と言うのも程よい容姿なので歌詞に共感し易いのだ。

 

美人は恵まれた容姿故に恋の悩みを曲にしてもイマイチ共感しづらいし、やり過ぎると嫌味にも聞こえてしまう。

そこに比べてSHISHAMOが恋の悩みや可愛くなりたいと歌うとどうだろう?説得力が全く違う。

若い女の子はめちゃくちゃ共感するだろう。元々楽曲のクオリティーは高いのだ。ここまで来ると人気が出ない方がおかしいとすら思える。

 

ジャケ写をちょっとブスに撮る!

ただこれだけの手法でここまでの広がりを予見していたのならば、とてつもない手腕であると感嘆せざるをえない。

 

ましてやブスなガールズバンド自体に需要があった訳ではない。あくまで他との差別化の1要素でしかない筈なのに、ここまで見事に展開されるともはやSHISHAMOってブスじゃなかったらここまでブレイクしなかったんじゃないかとすら思える。

 

言うなれば彼女達はブスではない。ビジネスブスなのだ。持っている武器を存分に活かしきった結果が目に見える成果となっている。

 

結びになるが容姿に対してアレコレ書いた事を反省しつつもブス、ブサカワと言う言葉は非難ではなく良い意味合いで使わせてもらったことはご理解を貰えると幸いである。

 

今後も1ファンとして彼女達を応援していきたい。