読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

自身の経験からバンド運営、楽器、機材、ライブ、音楽理論etc を中心に音楽に関する様々な記事を書いていきます。

バンドでボーカルの声が聞こえない!を解消する3つのポイント

こんにちわわ(=゚ω゚)ノおみこしの窓です

 

花粉の時期が来ましたね!!

 

去年まで全然大丈夫だったのに、どうやら僕も発症してしまったらしくて恐ろしく目が痒いです(°_°)

あまりにも痒いから楽器を練習してる時も気になってしまってね

どうしたら演奏を止めずにベース弾きながら目をかけるか!!日夜研究しております

良い案があれば教えてください

 

さて!

 

本日のテーマはすばり!

バンドでボーカルの声が聞こえない!を解消する3つのポイント

 

ボーカルの声が聞こえない!

自分の楽器の音が聞こえない!

 

特に初心者の方には良くある悩みだと思います!今回は原因から解決方法までご紹介していきます(=゚ω゚)ノ

 

ボーカルの声が聞こえない主な原因

なぜ!ボーカルの声が聞こえないのか?(´・_・`)

 

あいつ、、、

 

あいつもしかして口パクなのか?←

 

f:id:mnemomasa64:20170316205008j:image

 

なんて事は流石にないと思いますが(=゚ω゚)ノ渡辺直美さんの口パクはもはや芸術ですしね

 

主な原因は以下ですねー!

 

  • 周りの楽器の音が大きすぎる
  • ボーカルの声と他の楽器の周波数が被っている
  • アンプやモニターの位置が悪い

 

1番多いのは周りの楽器の音が大きすぎるパターンかなと思います(=゚ω゚)ノ

 

ギターやベースが安易にボリュームを上げると狭いスタジオ内ではすぐに音が飽和してしまいます

 

そんな状態で無理やりボーカルに声を張らせるのは喉の故障にも繋がるので絶対にやめましょう(°_°)

 

音のバランスを取る方法

バンド内の音量バランス良くする為には順序立てたセッティングが必要です

 

①まずはドラムの音量が基準となる

②マイクの音量を調整する。

③ギター、ベース、キーボード等の音量を調整する

 

基準となるのはドラムを始めとする生楽器の音量です

 

ギター、ベース等のアンプで音量を増幅できる楽器と違い、ドラムは音量を電気的に増幅する事ができません(=゚ω゚)ノ

 

なので音量バランスをとる際はまず、ドラムの音量を基準としましょう!

 

次に調整が難しいのはマイクです

 

マイクはその構成上、出せる音量には制限があります('ω')

 

上げすぎるとハウリングを起こしやすくなるからね!

 

マイクはミキサーに繋いだ後、Peak(ピーク)のランプが点灯しないように調整をしましょう!

 

ドラムの生音とマイクのボリューム、これに合わせてギターとベースを調整していきます

 

出来れば誰かが主導し、各楽器がバランス良く聞き取れるように指示を出すようにしましょう

 

立ち位置やアンプの位置を決める

そうしてセッティングをしても、自分の音が聞き取れない人が出てきます

 

大体ギターかベースが「俺の音聞こえてる?」と言い始めてこっそりボリュームを上げ始めます

 

せっかく調整したのにこのやろおおお(っ・д・)≡⊃)3゚)∵おらぁぁぁ折檻じゃ折檻

 

f:id:mnemomasa64:20170316210029j:image

 

身に覚えのある方!

自分の音が聞こえないと演奏がし辛いのはわかります

ですが、音量を上げる前にできることがあるはずです(=゚ω゚)ノ

 

自分の立ち位置とアンプの位置を確認してみましょう!

 

アンプの真ん前に立っていませんか?

 

アンプのスピーカーは自分の耳よりもかなり下の位置にあります、真ん前に立ってしまっていると自分の音が聞こえないのは当たり前なのです

 

まずアンプから少し離れてみましょう

音量をあげなくても自分の音が聞こえてくるはずです

 

その時、正面より少し斜め前に立つようにしましょう!

正面に立つとハウリングし易くなっちゃうからね(=゚ω゚)ノ

 

また、JC(ジャズコーラス)等のトランジスタアンプであれば横倒しするのも効果的です 

 

モニターし易くなるし、地面との接地面が車輪でなくアンプ自体となるので低音が響き易くなります

 

f:id:mnemomasa64:20170317095027j:image

 

周波数帯を確認する

それでもまだバランスが悪い気がする、、、(°_°)なぜだ、、、

 

ここはやはりこっそり音量をあげ、、、

させるかあああああ(っ・д・)≡⊃)3゚)∵こんの馬鹿たれがあああ

 

そんな時は

各楽器の音作り(イコライザー)を確認してみましょう!

 

各パートの周波数が被っていると音が相殺されてしまい、聴こえづらくなることがあります(°_°)

 

男性ボーカルであれば600Hz〜1.5kHz、女性であれば1.5〜3kHzは他の楽器と重なると声が聞こえづらくなる音域です(=゚ω゚)ノ

 

例えばですがボーカルの声が聞こえない時、

男性ボーカルならばギターのMiddle(中音域)を抑える

女性ボーカルならばギターのTreble(高音域)を抑える

等をすると重なっていた音が解消され、よりのバランス良い状態になると思います(=゚ω゚)ノ

 

これまで相殺されていたギターの音も抜けてくるようになるはずです

 

周波数帯は楽器の数が増える程に重なり易い状態になってしまいます!

 

厳密におれここからここまでの周波数出すから、お前ここからここまでね?なんてのは不可能だけど

 

お互いの音作りを確認しあって意見を出し合うのが良いんじゃないかなと思います(^^)

 

グラフィックイコライザーなんかは見た目にもわかり易いので、重なってそうな帯域はカットするのに使ってみましょう

 

f:id:mnemomasa64:20170316202755j:image

 

 まとめ

より良い練習環境が素晴らしい音楽を生み出すと思います(=゚ω゚)ノまずはバランスの調整から試してみましょ

 

 

大事な宣伝です!

おみこしの窓主催のライブイベントを2017年6月に開催が決定しました(=゚ω゚)ノ

 

出演バンド募集中!!
詳細はこちらから(^^)

 

都内のライブ!出演バンド募集中! - おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜


最近のライブ映像
https://youtu.be/Z1H1GmVBs0I