読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おみこしの窓 〜バンドのあれこれ〜

自身の経験からバンド運営、楽器、機材、ライブ、音楽理論etc を中心に音楽に関する様々な記事を書いていきます。

ハイエンドベース!Elrick BASS 徹底解説!

音楽

f:id:mnemomasa64:20161014175422j:image

 

こんにちわ!おみこしの窓です(=゚ω゚)ノねむいね

 

今日は僕がメインで使ってるのElrickベースの紹介!

題して「俺のベースを思う存分見せびらかしたろ」です

 

他の人がどういう理由でベースを選んでるのか

ハイエンドベースに興味があるけどどういう良さがあるの?

Elrickほしーー!

 

なんて方には面白い!かも!!

 

目次

 

紹介するのはこいつだー!

 

 アメリカのハンドメイドメーカー「Elrick」のベースです!

 

f:id:mnemomasa64:20161013225606j:image

 

半年程前に御茶ノ水で購入しました(=゚ω゚)ノ

軽自動車買えちゃうくらいの値段したハイエンドベースですねー!ローンがたくさん残ってます!

 

シカゴの工房でロブ・エルリックさん が1人で制作してる事でも有名です!材の選定、切り出し加工の全てを1人でやってるんだから驚きです(゚o゚;;すげえええ

 

プレイング性を重視した作り

見た目の格好良さもさる事ながらこだわりのポイントとかを紹介してきます!

 

まずはネックの薄さと大きくカットウェイされているボディですね!

 

ここね!

 

f:id:mnemomasa64:20161014101055p:image

 

24フレットまであるのですがハイポジションまですんなり手が届く!!

ハイポジションを多用するテクニカル系のベーシストさんには嬉しい仕様ですね!僕はあんまり使いこなせてませんが!

 

指板はバーズアイメイプルです

よく「手垢がすごいね」って言われるけどそう言う模様なんです(´・_・`)

 

f:id:mnemomasa64:20161014102528j:image

 

その名の通り鳥の目に見える事が由来です

とても希少価値の高い素材でバーズアイの中でも特に模様が綺麗な物は「木の大理石」と呼ばれています!手垢って言った奴このヤロー!

 

ちなみにメイプルは所謂「楓」の事ですね!

硬質な素材で音の立ち上がりが良く、豊かな倍音が期待できる特徴があります(=゚ω゚)ノ

 

前に使っていたベースは指板がローズウッドだったので違ったキャラクターにしたくて購入に踏み切りました!ローズウッドは指板の素材としては比較的柔らかいので温かい音が特徴ですねー!

 

積極的に音作り

ツマミが多いです(=゚ω゚)ノ

 

f:id:mnemomasa64:20161014101932p:image

 

ボリュームコントロールとトーンコントロール以外に高音と低音を調整できるイコライザが付いてるからですねー!

 

どういう事かと言うと僕のベースには電池で動く小型のプリアンプが搭載されています!!

ベースの手元のツマミで高音と低音の出方をイジれちゃうんですね!!

 

f:id:mnemomasa64:20161014103516j:image

 

僕のはアギュラーのOBP-1って製品で

プリアンプを搭載したものをアクティブベースと言います(=゚ω゚)ノ積極的にベース自体で音作りができるんですね

 

例えば演奏中にちょっと低音が足りないなと思ったら手元で調整したりできるんですねー!

演奏中にイジってると上手い人っぽくてオススメですよー!僕も最近首を傾げながらツマミをイジって上手い人っぽさを出すのが上手くなりました

 

スラップやるときは思いっきりブーストするととてもカッコイイサウンドになります!

 

プリアンプはシールドに流れる電気信号を強化してくれるのでノイズにも強くなります!

 

プリアンプを搭載しないタイプはパッシブベースと言います!こちらはまた別の機会に紹介しますねー!

 

0フレットシステムに迫る!

ちょっとマニアック!楽器やってる人でも結構知らない0フレットシステムを紹介しますねー!

 

通常のギターやベースは1フレットからフレットがありますが、僕のベースにはナットと1フレットの間に0フレット目があるんです!珍しいでしょ?

 

これね!白いのがナットでその真横にあるのが0フレットです!

 

f:id:mnemomasa64:20161014100839p:image

 

何なのかと言うとフレットを押さえた時と開放弦を弾いた時の音質変化をなくすために作られたシステムなんですね!

 

フレット押さえた時はフレットが支点になって、開放弦の時は何処も押さえないのでナットが支点になるじゃないですか?

ナットとフレットは材質が違うので実は微妙にニュアンスが変わってしまうんですねー!

 

昔はナットの加工技術が良くなくて開放弦のニュアンスが結構違ったらしく、開発されたのが0フレットだったんです!

 

今ではナットの加工技術もあがり時代と共に見なくなってしまった0フレットシステム、、、知ってる人は知ってるちょっとマニアックなシステムの紹介でした(=゚ω゚)ノ

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回は全くもって皆様の役にはたたない情報発信でしたが、僕のベースの良さはきっと伝わったんじゃないかなと思います← 

 

 宣伝ですがブログ主がやってるバンドが最近HPを開設しました!わー!パチパチ
ツイッターと合わせて!良かったら覗いてくださいまし(=゚ω゚)ノアデュー

ツイッター
THE オミコシーズ@10/29新大久保 (@omikoshi_s) on Twitter

ホームページ
omikoshi-s

f:id:mnemomasa64:20161014171751j:image